Englishnization

楽天の英語公用化はその後どうなったのでしょうか?

yahooニュースやyoutubeを見ていると、

なーんか華々しい感じがして、

概ね成功しているように感じます。

Englishnization

実情はどうなんでしょうか。

知り合いの楽天関係者にきいてみたところ、

やはり取り残されている社員がいるのが現状のようです。

日本でも有数のグローバル企業ですので、

英語アレルギーを持って入社した人はいないと思いますが・・・

公用化される前に入社した人たちにとっては、

思うところが多くあるでしょう。

多くの外国人従業員を抱える大会社にとって、

全体の英語力強化は一つの課題だと思います。

(英語を勉強することで、文化理解にも繋がるので)

英語を使わない部署の人には酷ですが、

全社員が勉強する意義はあると考えています。

ショージ

スポンサーリンク
ad 336
ad 336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です