Gill Sans

WEBフォントのお話。ちなみにfontは日本語の「書体」に相当します。

BBCのサイトをブラウジングしているとき、記事の中で可愛らしいフォントが目に留まったので記事にしておきたいと思います。

irubonas
その名は「Gill Sans」、WEBフォントです。どこかで見たことあるなあと、よくよく考えたら「MARGARET HOWELL」という服ブランドのロゴに使われていました。どうりで。
デザインとフォントは密接に関係しています。例えば、最近のWindowsにはメイリオや遊書体、Macにはヒラギノが標準でプリセットされています。文書を読む際、文字フォントから受ける印象は決して少なくありません。書き手は読み手に与えたい印象に沿ったフォントを選んだ方が親切ですし、日頃よく使うブラウザの標準フォントには自分が読みやすいもの設定しておいたほうが良いと思います。(何を選んで良いか分からなければ、遊書体をおすすめします)
ちなみに私は以下のフォントをよく使います。

【和文フォント】
・遊書体
・メイリオ
・ヒラギノ
・Osaka
・小塚
・ふい字

【英文フォント】
・Arial
・Times New Roman
・Helvetica
・Verdana
・Henti SC

このあたりかな?最近は、Notoフォントが流行っているみたいです。(このブログのフォントも近々notoに変更予定です)

ショージ

スポンサーリンク
ad 336
ad 336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です