授業(7月8日)

今日は先週から続いている読み物を使っての発音矯正。徹底的に直されています。
授業7月8日
1時間丸々発音矯正に使うことには賛否両論ありますが、今日は喉の調子が良かったので一時間やりきりました。こちらが発音を誤った単語たち。

  1. heretical
  2. thoughts
  3. idea
  4. consistently
  5. equally
  6. continuity
  7. Jews
  8. were
  9. proclaimed
  10. optimism
  11. prejudices
  12. heir

こんなにも!と思われるかもしれませんが、こんなにもです(笑)気をつけている方だとは思いますが、気をつけて間違えるときは間違えます。若いときに刷り込んだものではないので、、、発音が悪いと読むリズムが悪くなるし、意味が伝わりません。日々の地道な作業ですが、継続しなければなりませんね。
間違えた箇所の補足(ざっくり書きます)

・heretical
アクセントの位置
・thoughts
母音の音が間違い
・idea
母音続きの音なので、「a」は「ya」に変わります。加えて、単語末に「r」を加えて発音していました。
・consistently
語末lyの音がryになっていました
・equally
語末ly(上に同じ)
・continuity
語頭conが「kon」になっていました。正しくは「kan」
・Jews
「juice」と同音
・were
「war」と同じ発音になっていました。
・proclaimed
語頭「pro」が「a」の発音になっていませんでした
・optimism
アクセントの位置は最初の音節
・prejudices
上に同じく、アクセントの位置は最初の音節
・heir
airと同音

以下の二つの単語は、先生の発音と辞書の発音記号に違いがありました。気になったので質問したこと、どっちでもいいけど辞書の発音では無い方が多用されるとのこと。時代と共に変わっているんでしょうね、おそらく。

・Ethiopians
※iを発音しない方が主流
・ultimate
※語頭は[u]の方が主流

ショージ

スポンサーリンク
ad 336
ad 336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です