HELPスタッフのぼやき

日常に忙殺されて全然ブログが更新できていませんでした。久しぶりなので気合いを入れて書きたいと思います!(時間が無いので、殴り書きします。お見苦しいところが多々ありますがご容赦ください。笑)
今回は現地スタッフの仕事、というか今自分がやっていることや日々考えていることを赤裸々に綴ろうと思います。これからフィリピンの語学学校で働きたいと考えている人たちへの情報提供になれば幸いです。

help-1

【役職】
フィリピンにある韓国資本の英語学校の現地スタッフ。General managerや統括なんて仰々しい名前で呼ばれることもありますが、所詮は一端のインターンです。(フィリピン留学で有名な「HELP」という学校です)

【労働条件】※以下は現状です。
・基本的に週7日、夜勤あり(問い合わせの都合上、完全な休みはナシ)
・半年に一度、1週間の休暇が取れる(仕事を抱えてる状態では不可)
・有給で働いています。お給料の詳細はお問い合わせフォームより(笑)
・勤務時間は9〜22時。状況次第で日が変わるまでのときもある
・滞在に関するビザ費用は会社が負担(そこら辺はしっかりしています)
・仕事中に1時間の勉強時間がある(マンツーマンの英語レッスン。講師選択可)
・宿・食事・洗濯・清掃等のサービスは無料で提供される
・韓国資本の為、韓国風の給食が多い。辛いけど、美味しいと思う

学生寮に住み込みながらの仕事なので、生活費は全て会社持ちです。お給料は雀の涙ですが、ビザ費用は学校持ちなので切り詰めれば貯金は可能。部屋とオフィスは20歩なので、仕事とプライベートをしっかりと分けたい人には向きません。とにかく仕事量が多く、拘束時間が長いです。そして忙しい。真夜中のピックアップ業務など、体力勝負な仕事もたくさんあります。(どんなに出世しても恐らくこの仕事からは逃れられません。笑)その場で起きることは全て対応しなければなりません。極端な話、学校で犬を飼ったら散歩からうんちのお世話までが仕事です。社畜になりたい人にはぴったりの仕事です。この仕事をやっていると、様々なところから「うちで働かない?」といったお声がかかります。お給料や待遇をきいてよだれを垂らす毎日ですが、いまのところオアズケできています。うまく説明はできませんが、この仕事に面白さを感じているからではないでしょうか。苦情対応も少なくないので、ストレスフリーと言ったら嘘になりますが、今のところ毎日リセットできています。私は何でも人生経験だと割り切るようにしています。といっても、割り切れないことも多々ありますが(笑)フィリピンは中国・韓国色が強いので、マイノリティな国籍である日本人はとても大切にされます。多くのことが期待され、多くの仕事が舞い降りてきます。胃に穴が開きそうなくらい追い詰められるときも幾度となくありましたが、2015年11月現在、ラッキーなことにまだ生き延びています。(生かされているのかもしれません。笑)韓国人の上司・同僚たち、フィリピン人講師、学校スタッフには本当によくしてもらっています。仕事でお付き合いのある方々(主には代理店様)にも面白おかしくお付き合いをさせていただいています。

help-2

【業務内容】
・新入生対応(ピックアップ、オリエンテーション、等)
・在校生対応(学生管理、トラブル対応、等)
・マーケティング(プロモ、イベント、データ解析、営業、広告作成)
・WEB(学校サイト、ブログの製作・管理、等)
・来客対応(プレゼン、学校の案内、等)
・代理店対応(空室確認、各種問い合わせ対応、等)
・各種書類の発行(請求書、入学許可証、等)
・会計業務

まあ、俗にいう「全部」です。守備範囲はイチロー並みです。実際のところ、HELPの新入生・在校生対応は学生マネージャーと呼ばれるインターンが担当をするため、学生対応の基本的な立ち位置はフォロー役といったところです。学校には3つのキャンパスがありますので、他のキャンバスに行くことも多々有ります。キャンパスはクラークという地域に1つ、バギオという地域に2つあります。クラークからバギオは遠いので、移動が大変です。(正確には、道が悪いので時間がかかります)先週は運悪く休日移動だったので、片道7時間でした。お尻が痛かったです。これは休日出勤にカウントしても許される範囲だと思います。私自身は主担当ではありませんが、学校ビジネスにおいてはこの仕事が一番大変で重要だと考えています。現場を知らずには何も出来ません。私は学生対応が得意では無いので、学生マネージャーたちには毎日本当に助けられています。他の学校を見学させてもらったり、代理店と話をしていると必ず上がるのは現地スタッフである学生マネージャーの話です。軽視してしまう人たちもいますが、学校運営の中で「優秀な学生マネージャー」を確保することはマストです。もちろん、マネージャーといった管理職に相当する立場においても同様に学生対応をソツなくこなせなければなりません。他にも諸々の仕事がありますが、学生対応と比較すると大して重要では無いと考えているので割愛します。ぶっちゃけた話、学校のマーケティングに関しては全てでは無いにしろ大部分が代理店の仕事だと認識しています。人材が十分にいれば、自校でマーケティングを行うことができますが、ギリギリの人数のスタッフで運営している学校では、ここに力を入れるべきでは無いと考えています。WEBも然りです。集客には非常に重要な部分ですが、優先度は低いです。(本当は物を書いたり、コンテンツ制作が好きなのでこの点に力を入れたいのですが、今は我慢の時間です。毎日夜なべすれば無理ではないですが、長生きしたいので。笑)学校スタッフの立場上、まずは受けれた学生のケアを十分にすることが最重要課題だと考えています。顧客満足度無しに、新規開拓はできません。しっかりとした基礎が無い上には何も積み上げることはできませんからね。話がずれてしましたが、ざっくり書く事こんなような仕事をしています。一つ一つのタスクに面白さを感じているので、苦ではありません。でも大変なこともあります。最近、自分の仕事の中で苦労しているのは「会計」業務です。学生の研修費用を留学代理店経由で受けとる仕事です。最初は単純に振り込みをお願いして、着金を確認するだけの仕事だと思っていましたが、やってみるとまあ大変。想像以上でした。複雑な仕事ではありませんが、大きなお金を扱うため、日々神経をすり減らしています。これに関しては語りたいことが山ほどありますが、文字数が多くなると最後まで読んでもらえない可能性がありますので、ここではご自愛させていただきます。興味のある方は、当校お問い合わせフォームより(笑)

help-3

【必要とされる英語力】
さすがに0は厳しいですが、ある程度コミュニケーションが取れる程度の英語力があれば十分だと思います。生涯勉強。日々、勉強を続けることの方が重要です。(英語の勉強をやめてしまったら、仕事でも成長できないと感じています)英語力もそうですが、英語学習に対する姿勢も大切です。一生懸命、現状を変えようと努力をしている人を咎める人はいません。ここは学校。分からなければ、丁寧に教えてくれる人たちがたくさんいます。分からないことは分かるまできく、どうしても理解できないことは誰かの助けを使って解決する。これは英語に限らず、どの場面でも同様のことだと思います。もちろん、半分は以上は、日本人と関わり合う仕事なので、母国語(日本語)も大切です。最低限のビジネスマナーがあれば、誰にでもできる仕事だと感じています。英語力はあるにこしたことはないのですが、それ以上にコミュニケーション能力の方が大切だと思います。
私はフィリピン留学を半年ほど経験した後、タイに移動してフリーで仕事をしていました。(全然食べていけませんでしたが。笑)何をやるにも英語での折衝でしたが、逆にそこで現場力が培えたと感じています。英語力が伸びたかどうかは分かりませんが、確実に言えることは「タイ人の英語に慣れた」ということです。複雑な抑揚や日本語と真逆のアクセント、苦手な音などなど。これは、実際にその環境に飛び込まないと身につかないと思います。基礎は大切ですが、やってみなければ分からないことも沢山あります。仕事をしながら英語を勉強することは大変ですが、細切れの時間を活用するなどすれば十分にできます。

help-5

【必要とされるスキル】
・英語力(少しでも高い方が有利)
・韓国語(少しでも話せると有利)
・日本語(文章力、プレゼン力、交渉力)
・オフィス系アプリケーションの運用能力
・WEBに関する理解と知識(特にSEOに関する知識)
・デザインセンス(広告の制作に必要です)
・遊び心
・日本での社会人経験

ざっとまとめると、こんなところでしょうか。マストではありませんが、これらのスキルはあった方がいいです。無ければ、努力が必要です。私は韓国語がてんでダメですが、なんとか同僚の力の借りながら仕事を進めています。英語で伝わらなくは無いのですが、時には相手の母国語を介して物事を伝えた方が良いときもあります。臨機応変、柔軟に状況をハンドルしなければなりません。基本はオフィスワークなので、WORD、EXCELといったお約束のソフトは使えないと厳しいです。WEB知識・デザイン能力はあれば重宝されますが、無くても大丈夫です。(私は専攻や前職がそっち方面だったのでラッキーでした)それよりも大切なのは、遊び心。せっかく海外で働いているので、机にかじりついていては勿体ないと思います。Let’s try, anywayの精神です。人を動かすのは、詰まるところ好奇心ではないでしょうか。もちろんそれだけではダメですが、ユニークな人の方が海外では好まれると思います。

【良いところ、悪いところ】
この仕事の魅力は・・・なんでしょう(笑)私の個人的な意見ですが、この仕事の良さは、多くの出会いがあることです。日本で普通にサラリーマンをやっていたら、出会うことのないような人たちと毎日のように関わります。時には、有名な会社の社長さんであったり、やりてのフリーランサーだったり、とんでもなく変な人だったり、etc. 国籍もそうです。フィリピン人、韓国人、中国人、台湾人、ベトナム人。様々な職種の人と繋がることができます。人付き合いに疲れることもありますが、それ以上に良い経験をしていると言い切れます。これに加えて「学生の成長」を目の当たりにできるとこもこの仕事の面白さだと思います。会話力、TOEIC/TOEFL/IELTSのスコア、どんな形であれ、成長が形になった瞬間に立ち会うと、自分のことのように嬉しいです。向上心が強く努力をしている人をみると、本当に良い刺激を受けます。ただそういう素振りはみせません。
悪いところは、生活環境です。1年半住んでいますが、未だにどうしても日本の品質と比較してしまいます。特に、飲めない水道水、流せないトイレットペーパー、お金をせびってくる人たち。ある程度慣れはしましたが、今でも嫌な思いはしています。ストリートチルドレンたちもそうですね。これだけ長くフィリピンに滞在していても、どうしてもフィリピンが好きになり切れないのは、まあこんなところからきています。でもこれは、フィリピンだけではありません。日本で日本人に物乞いされたこともありますし、物を盗られたこともあります。自分の国だからこそ良いところに目をつぶれてしまうのかもしれません。
まとまりのない文章になってしまいました。良いところも悪いところも全てひっくるめて、僕はフィリピンがそこそこ好きです。正直、近くのショッピングセンター以外たいしてこの国のことを知りませんが、年中暖かいことはしっています。バナナも美味しいです。それだけで十分ではないでしょうか。

help-4

【これからやりたいこと】
本気で勉強をしたい人の為に新しい取り組みをしたいと考えています。別に何でもいいんです。1年半くらいこの国に滞在して気づいたのが、遠い未来のことを考えるのではなく、今この瞬間の目先のことに集中することの大切さです。目の前のことに100%に近い集中力で取り組むことは何かしらの形で将来に繋がると考えています。先のことなんて考えても分かりません。今与えられたこの環境で高いパフォーマンスをすること、ときにそれはバカにされるかもしれませんが(笑)目前の課題を一つ一つ確実に、高速にクリアしていくことが今は何より大事だと考えています。こんなことを言いつつも、将来の夢はあります。気になる方は、別途お問い合わせください(笑)

【おまけ 英語を勉強する理由】
色々な人と話したいから。以上(笑)理由は作ればもっとあると思いますが、それはおまけでしかありません。好奇心に勝るものは無いと思います。5年後、10年後がどうなっているか分かりません。ひょっとしたらテクノロジーが進展して僕の英語を勉強する理由なんて無くなってしまうかもしれません。文化の違いとかよく分かりませんが、面白そうな人と話してみたいって欲求だけ勉強を続けています。大切なのは英語ベースで情報がとれることではないでしょうか。日本人にとって英語はまだまだ馴染みのないものです。英語力の成長には、英語を道具として強く認識する必要があると考えています。「海外で働くのに、どれくらいの英語力が必要か」といった疑問をよくみかけますが、私の感想は「職場による」です。やってみないと分からないことだらけだと思うので、心配であればその職場で飛び交う生の英語がどんなものか、現地のスタッフにきいてみるのが一番だと思います。HELPの場合は、気持ちとガッツで何とかなります。(なってると思います。笑)

留学業界は変な人がたくさんいますが、この業界でよかったなと最近しみじみ感じます。これからも日本人の英語力の底上げのために貢献していきます!

The precious/valuable moment is going to the middle of December at Mach! Now I’ve been realizing the importance of who I work together with, who I experience with. I will never forget the moment I’ve been experiencing here in the Philippines. What I see here, what I feel here, what I sense here, what I think here, would be something irreplaceable and forgettable someday in near future. There is still a lot of hardship for me like a communication in English. (I’ve faced the hardship even now.) However, it should be overcome. As a teacher says, trial and error is the only way for letting myself improve. So, I am going to do that, no matter what. I can say also like this. No matter what happens, I have no choice but to try everything if I want to let me experience more and more. By the way, I took a toeic mock and got 790. 30 point down than last time..thaaat’s mysterious.… I’ve got a longlong way to go get sth. Quick writing. Cheers!

スポンサーリンク
ad 336
ad 336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です