フィリピン留学の拠点 セブ(その2)

セブ歴二日。相変わらず犬と鶏に追いかけられます。なんだこの生活・・・

oniku
今日は早起きしてホテルのジムで軽く汗を流した後、朝ご飯を食べながら溜まりに溜まった問い合わせメールを片付けました。留学代理店の皆さん、返信が遅れてごめんなさい。一応、セブには休暇という名目で来ているので勘弁してください(涙)

ごはんを食べた後は、洗濯をして食堂のクヤさんアテさんとコーヒーブレイク。さすがにホテルマン。英語うまかったです。ただ、彼らの英語にはなんかうまく説明できない違和感がありました。セブ特有のアクセントかな?

例えば「ーted」 の発音が微妙にちゃう気がする。日本語では表現しずらいのですが、iとeが混ざったような中間音がしっかりとiで発音されている。この人たちだけかな?それとも僕のリスニング能力の問題かな?うーん、謎。気になる。セブ留学してた人、教えてください。

まあ、そんなことはさておき!Small talkの後は、例の如くITパークへ。お昼ご飯はリブステーキらしきものを食べました。300ペソ位だったかな?オイリーでしたけど美味しくいただきました。

oniku

ごはんを食べた後は恒例の学校訪問。今日のターゲットは、セブのスパルタ校「EV Academy」さん。老舗の有名校です。フランス人校長ということで、余計にビビります。というか、なぜフランス人!?あれよこれよと考えても仕方がないので、とりあえずごめんくださいしました。調べたこと感じたことを以下にまとめます。

セブのスパルタ校 EV Academy

セブでは珍しい?スパルタ式教育の学校です。EVの意味する「スパルタ」の定義は、学習カリキュラムを学校主体で組むことや朝・晩の強制学習からきているようです。悪く言えば、カリキュラムに柔軟性が無いとも言えますが、こう考える人はスパルタ校に向かないと思います。学習スタイルは十人十色。確かに、毎日大量のマンツーマン授業を取ることで成果を出している人もいますが、全体をみるとバランスよく勉強をしている人の方が総合的な英語力が身についていると感じます。(マンツーマンのみの学校やコースを否定している訳ではありません。人によって目標は様々ですので)

セブにはたくさんの学校があるので、自分のペースで学習をしたい方は他の学校を選ぶべきだと思います。(こんなこと書いたら、EVのスタッフに怒られるかもしれませんが、私はこう考えます。セブでは珍しいスパルタ式の学校ですので、EVには本当に英語力向上に貪欲な人だけが集まる学校になって欲しいと思います)

多国籍なスタッフ陣

オフィスに入るとすぐに気づきました。めちゃスタッフいる!それも多国籍!そして雰囲気がすごく真面目!ちょっと怖い!(笑)スタッフに案内され、恐る恐るHello你好アニョハセヨ。一通り挨拶を終えるとすぐに個室に通されました。そこに待っていたのは、フランス人の校長先生!落ち着かない僕にナイススマイルで「Welcome, have a seat :) 」。すぐさま、校長先生、EVの日本人スタッフ、僕の3人でミーティング開始。

フランス人のDavidさん、話してみるとすごく良い人で語学教育に熱意のある方だとわかりました。お話の中では学校のマネジメントだけではなく、教育にもしっかりと目が行き届いていることが感じられました。イレギュラーな外部の人間にも関わらず、親切丁寧な対応をありがとうございました!コーヒーこぼしてごめんなさい!

EVの施設・給食

お話の後は、学校案内をしていただきました。主観ですが、少し古い建物。その変わり清掃は行き届いていました。よほど過敏な方でなければ、勉強するには気にならないと思います。構内には24時間の自習室、シアタールームやマッサージ店などが完備されていました。目新しいものはありませんでしたが、学習環境・生活環境は整っていると思います。給食は通りがかりに見ただけですが、他の韓国系列の学校と遜色ない、むしろちょっと良いかなと感じました。こちらも食べ物を気にする方でなければ、美味しくいただくことができると思います。

校内の至るところに、平日外出禁止の窮屈さを感じさせないスパルタ校ならではの工夫が見受けられました。

EVはグループ授業が豊富

EVは基本方針として、4技能をバランス良く学習することを大切にしています。また、グループを多くカリキュラムに組み込んでいるとのこと。マンツーマン授業数、学生満足度よりも、「学生の成長」を一番に考えたスタンスで組まれているスケジュールには大変共感ができました。冒頭でも少し触れましたが、偏った勉強は一般の方には好ましくありません。無駄とは言いませんが、効率を考えるならバランスよく勉強することは非常に重要です。

グループ授業の量には賛否両論あると思いますが、私は面白いと思います。グループ授業の最大の良さは「グループメイトに恵まれた時」に感じることができます。一方で、グループメイトに恵まれないとつまらない授業になってしまいます。EVのスタッフは、この長所短所をしっかりと踏まえた上で、多くのグループ授業を採用しています。決して闇雲に増やしているわけではありません。この考えに賛同できる人はEVで勉強することをお勧めします。

日本人スタッフ

対応してくれた日本人スタッフのユカリさんは、学生一人一人にしっかりと向き合っている人でした。初対面は少しビビッていましたが、会って話をしてみると、凄く真面目な方だと分かりました。今までには色々な学校を訪問し、多くの学校スタッフと出会ってきましたが、彼女はその中でも、かなりしっかりと現場をみるタイプのスタッフだと感じました。こうゆうスタッフがいてくれると安心して留学できますね。…HELPの皆さん、すみません。見習います。笑

ユカリさんはEVのブログ担当でもあるそうです。以下がそのブログ。興味があれば是非!
フィリピン留学 in EV Academy

EVのまとめ

セブxスパルタのキーワードでフィリピン留学を考えているなら、EV Academyは1つの良い選択肢になると思います。他校のスタッフの立場ですが、この場を借りて簡単にご紹介させていただきます m(._. )m

自分の学校を宣伝しろよ、ってツッコミはご遠慮ください(笑)

スポンサーリンク
ad 336
ad 336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です