フィリピン人の先生たち

フィリピン人講師について簡単に考察してみようと思います。

おそらく皆さんが一番に気になるのは、

【フィリピン人の英語力】でしょう。

まず、ここで考えなければならないのは。

一般的なフィリピン人とフィリピン人講師を分けて考えることです。

イメージが付けづらい国だけに、何かと混同してしまいますが、

一般人と講師の英語力は大きく違います。

日本人でも同じことが言えますね(笑)

先生のほとんどは、幼少のころから英語教育を施されてきた人たちなので、

英語力は一般人と比較して非常に高いです。

中でも、リスニング力・スピーキング力は他国籍と比較しても高いと感じています。

私はフィリピン留学後、オーストラリアでワーキングホリデーを経験してきましたが、

私自身そこで出会ったフィリピン人は英語力が高いと感じました。

他のアジア人たちもフィリピン人には一目置いています。

フィリピン人にとっても、英語は第二言語です。

これにはメリットがあります。

例えばの話ですが、大学受験の為に英語の家庭教師を雇う時、

ネイティヴスピーカーか英語が堪能な日本人、どちらを雇いますか?

時間が限られた受験生の大半は、日本人を雇うでしょう。

なぜならば、日本人は日本人が陥り易いミスをよく知っているからです。

フィリピン人の英語教育についても同様のことが言えます。

フィリピン人講師は非ネイティヴが陥り易いミスを熟知しています。

(加えて観光国家であるため、様々な国籍の英語に慣れています)

この点は英語初心者にとって、大きなメリットになるのではないでしょうか。

物を教えるための、英語力・スキルは十分に備わっています。

勿論、フィリピン訛りはありますが、私たち日本人が目指すのは

英語のうまいアジア人だと思います。

英語のうまいアジア人になるために、英語のうまいアジア人に教わるのは、

自然な流れではないでしょうか?

(ちなみに、綺麗な英語を話す先生も大勢います)

これには賛否両論ありますが、私は一つの答えだと思っています。

フィリピン人に教わるデメリットも言及します。

特に若い先生に言えることですが、

経験不足から授業のハンドルが下手な先生がいることです。

私の場合は、然程問題視していませんが、日本人にとっては気になるところかもしれません。

スピーキング主体で勉強をしてきた先生が大半なので、

文法教育中心の日本人には合わないところがあると思います。

このようにデメリットも数え出せば、キリがありませんが、

フィリピンの英語教育にはそれを上回るメリットがあると考えています。

この記事が少しでもフィリピン教育を知る助けになれば幸いです。

ショージ

スポンサーリンク
ad 336
ad 336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です