スパルタ教育の必要性

フィリピン留学を調べると出てくる「スパルタ(教育)」という言葉

厳密な定義はないと思いますが、

とても厳しい校則を示すようです。

但し、2015年現在この言葉の意味は曖昧になりつつあります。

何故ならば、スパルタ校の学生自身が厳しいと感じていないからです。

現状は、単に外出禁止であったり授業数が多くて大変だよーと

警告しているだけだと思います。

フィリピンを留学先に考えている皆さん、どうぞ安心してください(笑)

中にはスパルタから派生した「セミスパルタ」という言葉もあります。

おそらく言わんとするは、そこそこ厳しいよーということでしょう。

筆者はどちらも経験済みですが、ストレスを感じるほど校則の厳しさは

感じませんでした。

勉強しに来ているので、常識の範囲内で学校のルールに従うことは

承知していましたし、多少理不尽なことがあっても、

海外だからということで然程気になりませんでした(笑)

寧ろ、母国語仕様の禁止が徹底されていたことは良かったと思います。

ある程度厳しい環境の方が成長も早くて、英語を勉強することに

楽しみを見つけやすいと思います。

ショージ

スポンサーリンク
ad 336
ad 336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です