短期留学

この記事を通して、

大学の長期休み・入社前までの期間を利用してフィリピン留学を考えている大学生、

仕事の合間・仕事に穴を空けてフィリピン留学を考えている社会人、

休学・退職後、将来のために短期のフィリピン留学を考えている皆さんに、

何か有用な情報をお届けできたらと思います。

今回は短期留学について書きます。

短期留学を簡単に定義すると、1週間〜2ヶ月の期間に渡って行う留学のことです。

1〜2週間留学はお試し留学といっても過言ではないでしょう。

留学の雰囲気をつかむには良いと思いますが、語学習得の観点から見ると

それほどお勧めできるものではありません。

しかし、決して無駄にはなりません。(どれだけ真剣に取り組めるかが勝負ですが)

社会人にとって、1週間のまとまった休みをとることは本当に大変なことです。

そんな中、お金・時間をなんとか工面して、きてくださる人たちの留学を

少しでもよりよいものにするために、以下のことを訴えたいと思います。

【日当たりでいくら費用が掛かるか考える】
以下の記事にも示したように、短期留学は割高です。
http://工事中

当校の場合、最もメジャーなコースでも日当たり¥8,000程かかります。
その額に価値を見出せないなら、日本でオンライン英会話をやるなり、
英会話スクールに通ったほうが良いと思います。

【目的を明確にする】
1〜2週間で何ができるようになりたいかをしっかりと定めましょう。
単に「英会話に慣れる」でもいいですが、例えば「自身の弱点を見つける」
「今後の課題を見つける」といった自己分析にフォーカスした方が、
良いと思います。(すぐ慣れますが、すぐ戻りますので・・・)
フィリピンは外国ですが、正直「英語の上手なアジア人が多くいる空間」
と認識した方がいいと思います。

こんなことフィリピン人にいったら怒られますが、

短期留学の場合、

文化云々よりも、ひたすら英語環境に浸かることの方が大事です。

語学習得に近道はありません。

短期のフィリピン留学で得られるのは「発見」だと思います。

とはいっても、一週間で何かを掴もうとするのは大変なことです。

渡航前に、ある程度吸収を高めるための言葉・表現をまとめておきましょう。

本当にちょっとしたことですが、例えば

「I didn’t get it well…could you say(explain) it again?」

など、の表現がスラスラ出て来れば、困ったときでも何とかなります。

サバイバル英語の武器(表現)を少しでも装備していくことをお勧めします。

ショージ

スポンサーリンク
ad 336
ad 336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です