EOPルール

フィリピンの語学学校を調べていると「EOP」という言葉をよく聞きます。

EOPは「nglish nly olicy」の略称で、

主に、学校敷地内の英語使用を義務付けるルールのことを示します。

このEOPが徹底されている・いないで学校の雰囲気は大きく変わります。

EOPが徹底されている場合、

学生は英語のみの生活を強いられます。

思ったままに言葉が出てくる学生は少数派ですので、

それぞれが一生懸命伝えようと必死になります。

私の個人的な印象は、

【EOPが徹底されている=真面目な雰囲気】

日頃から、英語使用が義務付けられる為、

学生は英語を「生活の道具・手段」として強く認識します。

対照的に、

【EOPが徹底されていない=賑やかな雰囲気】

も成り立つと思います。

みんなが仲良く、和気あいあいとした学校になります。

EOPを徹底してない学校は、他のルールも徹底している学校と比較して、

厳しくないことが一般的なので外出・旅行の機会が増えます。

その雰囲気から、他国籍(主には韓国)の友達はできやすいですが、

同国籍の友達もできやすいので、その分母国語を話す時間も自然と増えます。

「EOPが徹底されていた方がいい」と考える人が多いと思いますが、

どちらにもメリット・デメリットはありますので、

結局のところ、どちらを選ぶかは本人次第です。

英語力がある程度ある、もしくはそれを補うだけのガッツがあれば、

EOPがしっかりと機能している学校を強くお勧めします。

英語力が本当に心配で、文法・語彙に乏しいと自覚があるなら、

日本である程度勉強した上で、

再度、それぞれのメリット・デメリットを考え直して、

どちらが自身に適しているか選ぶことをお勧めします。

ショージ

スポンサーリンク
ad 336
ad 336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です