英語を難しく考え過ぎない

最近、よく考えることについて書きたいと思います。

日頃、フィリピンで勉強している人をみると、

その中に「英語を難しく考えている」人をちらほら見かけます。

日本人にとって英語を習得するのは大変なこと。

アルファベットで多くの言葉を覚えなければなりませんし、

大きく異なる文法ルールのなか言葉を組み立てなければなりません。

日本語には無い音があるので、発音にも注意を払わなければなりません。

ごちゃごちゃと考えながら勉強をすると、

その膨大なルールに囚われて、

「英語は難しい」と認識してしまいます。

実際難しいと思いますが、(笑)

難しく考え過ぎていいことはあまりありません。

ある程度、語彙・文法ルールを身につけたら、

それを何度も何度も使って、

体得する必要があります。

英語にはたくさんの語彙・言い回しがあるので

学習者が混乱するのも無理はありません。

「わかりました」の一言でも、英語では

  • I see.
  • I understand.
  • I got it.
  • It’s clear.
  • Gotcha
  • Copy that
  • などと、非常に多くの表現があります。

    英語がうまく話せないな、と自覚があるのであれば

    同じ言い回しでも多用すればいいと思います。

    勿論、聴き手には幼稚な印象を与えますが、

    語学学習に近道はありません。

    強固な基礎を作る必要があります。

    スラスラっとその言葉が出てくるようになった段階で、

    表現の幅を広げればいいと思います。

    ※賛否両論あると思いますが、私はこう考えています。

    がむしゃらに話しまくれ、と言っているわけではありません。

    頭を柔らかくするには、ある程度の妥協が必要です。

    「相手(聴き手)の理解を早く作る」ために話しているということを

    再認識していただけたらなと思います。

    余談ですが、私は「適切な語彙選択」を日頃から意識しています。

    毎日語彙学習を続ける理由は、これにあります。

    ショージ

    スポンサーリンク
    ad 336
    ad 336

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です